採用情報:先輩社員紹介

採用情報:先輩社員紹介

K.H 東北営業部東北CS課 所属 2011年入社

あなたの就職活動について、伊藤ハムデイリーに入社を決めた理由を教えてください。
一つ目の理由は幼いころからよく知る身近な商品だったからです。ポークビッツやアルトバイエルンなどは好んで食べていたので、企業を身近に感じたことが大きいです。二つ目は「製販一体」の提案ができる点です。製造部門との連携が密で、得意先様に工場にお越しいただき、製造ラインを見たり、試食したりした後に商談することで説得力のある提案ができると感じました。営業を行う上で素晴らしい環境であると感じ、入社を決めました。
現在のあなたの仕事内容を教えてください。
量販店担当でスーパーと宅配のカタログの商談窓口をしています。事務所での内勤業務として、見積・提案書の作成、データ分析、メニューレシピの考案などを行っています。また外勤業務として、バイヤー様と新商品の導入や特売頻度の増加するための交渉や商談を行ったり、店舗で情報収集、販売交渉したりするのが主な業務です。何よりコミュニケーションが大切で、信頼関係を構築することが全ての始まりだと感じています。
一日の仕事の流れを教えてください。

#

  • [9:00] 出勤 メールやFAX、前日までの売上確認
  • [10:00] 書類等の作成、社内外の電話対応
  • [12:30] 昼食
  • [13:30] 得意先巡回
  • [17:00] 帰社、得意先からの発注の確認、書類等の作成
  • [18:00] 退勤
ズバリ! 伊藤ハムデイリーのココが魅力!
一つ目は「人として成長できる点」です。製販一体の会社なので仕事をする上で様々な人との交流があります。様々な年齢や立場の方と話す中で相手の目線や立場に立つことの大切さなどを学びました。自分がミスをしたときにも、責めるのでがなく「どうしたら次に同じミスをしないか」を一緒に考えてくれたり、アドバイスを頂くことも多く、成長を実感できます。二つ目は「風通しのよい職場環境」です。年齢や立場にとらわれず、自分の意見を発することができる環境だと感じています。「自分はこうやって仕事をしたい」などの思いを具現化しやすい職場であると思います。
当面の目標を教えてください。

#

現在、家庭用商品の営業を担当していますが、まだ伊藤ハムの中でNO.1にはなっていません。まずは家庭用商品のNO.1セールスマンになり、次に業務用商品の営業のNO.1セールスになります!伊藤ハムのトップセールスになることが当面の目標です。

現在就職活動中の学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします。
私が就職活動で意識していたことは自己分析と企業分析をしっかり行うことです。説明会・セミナーなどで実際の話を伺い、その企業が求めている人材を分析しました。自分の性格や今まで力を注いだことを振り返り、その企業で自分が何にどう貢献できるかを考え、アピールすることが大切であると感じました。また、面接では自分が強調したい部分は声のトーンや強弱を意識し、適度にジェスチャーを取り入れて説明することで人事担当者の記憶に残ると考え、実践していました。
あなたのリフレッシュ方法を教えてください。

リフレッシュ方法はやはり「食べること」です。昼食はおいしいラーメン屋や中華料理を探して食べに行き、夕食は仕事の先輩や後輩と居酒屋で美味しいお酒を飲みながら笑顔でいることです。休日は家族と過ごすことが多いですが、みんなで焼肉、鍋、たこ焼き等自宅でパーティをして楽しんでいます。子どもと一緒に過ごす時間は自分が一番自然でいられ、リラックスしていますね。オン・オフのメリハリをつけることでまた「明日からがんばるぞ!」という気持ちになります!

##

K.S 東北工場品質管理課所属 2018年入社

あなたの就職活動について、伊藤ハムデイリーに入社を決めた理由を教えてください。
私が就職活動をする上で重視していた点は「お客様からの信頼が厚く、食の提供を通して安全なおいしさを届けることができる会社であること」と、「一人一人が仕事にやりがいをもち、仕事を楽しめる環境があること」です。その点で、伊藤ハムデイリーは長年の信頼関係のもと、地元はもちろん広く全国に美味しい商品をお届けできる会社です。また社員同士のつながりが深く、風通しの良い環境と、自分のキャリアを支援する人材育成制度の整った会社であるという点に魅力を感じ、入社を決めました。
現在のあなたの仕事内容を教えてください。
私は主に、製品が期限まで品質を保つか、腐敗や食中毒の原因菌が増殖していないかなどを調べる細菌検査と、現場の品質状況の改善業務を担当しています。細菌検査では最終製品はもちろん、原料や香辛料・工程で使用する氷など、本当に細かい所まで検査をしています。また、生産ラインの菌数や空中浮遊菌の調査等で頻繁に製造現場に足を運んでいます。製品の安全と会社の信頼のために小さな異常も見逃さず、広い視野をもって解決する姿勢が求められます。日々緊張感がありますが非常にやりがいのある仕事です。
一日の仕事の流れを教えてください。

#

  • [8:30] 出社、始業点検
  • [9:00] 前日の検査結果の確認と上司・現場への報告
  • [10:00] 生産ラインの拭き取り検査、保存試験などの各種検査
  • [12:30] 昼食
  • [13:30] キープサンプルの状態チェック
  • [14:30] 検査用検体のサンプリング
  • [15:00] 現場の巡回と生産ラインの衛生状態確認
  • [16:30] 後日の検査準備、報告書の作成、終業点検
  • [17:30] 退社
仕事上で印象深いエピソードを教えてください。
品質管理をするにあたっては、現場でも不衛生・不安全な行動をしていないかをチェックする厳しい目線が求められます。そのため、初めは現場の方々に怖がられているのではないかと思ったこともありました。しかし、何度か現場へ足を運ぶうちに「昨日の状態はどうだった?」などと声を掛けてくださることも多くなり、自分一人ではなく、現場の方々も状態の改善のために協力して下さっているのだと感じる場面に多く出会えるようになりました。現在は、現場の方の目線とコミュニケーションも重視し、同じ工場で働く一社員として頑張ろうという気持ちを大切にしています。
ズバリ! 伊藤ハムデイリーのココが魅力!
「人の良さ・環境の良さ」が大きな魅力だと感じています。私自身、工場見学や新入社員研修の際に、伊藤ハムデイリーの方々が上司・部下関係なく明るく接しており、生き生きと仕事をしていたことが強く印象に残りました。また面談などを通して自分の意見や悩みなども親身になって聴いてくれ、相談できる環境にあり、人の「あたたかみ」がある会社だと感じます。さらに福利厚生や人材育成制度が整っている点も、若手社員にとってモチベーションとキャリアアップの両面で大きな魅力に感じています。
当面の目標を教えてください。

#

現在は細菌検査と現場の状況改善業務を主に担当していますが、今後は規格のズレ・栄養成分に異常が生じていないかなどを検査し、品質を担保する理化学検査や、カルテ業務も覚えていきたいと思っています。また、机上の検査だけではなく「現場」「現物」「現実」の三現主義を大切に、製品の流れや現場の動きをしっかり把握し、品質管理課として、生産に携わる一社員として解決力を培っていくことが目標です。

現在就職活動中の学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします。
就活の軸としている「ここだけは譲れない点」は仕事を続けていく上でも重要になってくるので、入社後のギャップがないよう先輩社員のお話や資料などから積極的に情報を集め、企業研究をすることが大切だと思います。就活中はたくさんの成功や失敗、企業や人との出会いを経験するかと思いますが、どんなことでも無駄にはならないと思うので、後悔しないようめげずに全力で臨んでください。応援しています!
あなたのリフレッシュ方法を教えてください。

食べることが好きで、休日は会社の先輩に紹介してもらった喫茶店や居酒屋にごはんを食べに行ったり、普段作れないような時間のかかる料理に挑戦したりしています。また、旅行をすることも趣味の一つで、車を持ってからは日帰りでも楽しめる近場の観光地を探してドライブや観光、名物を食べに行ったりする機会が多くなりました。連休の際には、遠方に泊まりがけで旅行をするなどしてリフレッシュをしています。

##

その他アピールしたいことなど
どの会社でどんな仕事をすることになっても、大切なのはその中で自身がどう頑張っていくかだよというお話を就活中によく耳にしていました。実際に社会人になってみると本当にその通りで、考え方次第で働き方も変わってくると思っています。品質管理課として厳しい場面に直面することもありましたが、だからこそやりがいを感じられた場面も多くあったので、その感動を忘れずにこれからも一歩一歩成長していきたいと思います。